IHSS(大動脈弁下狭窄症)の手術のガイドライン―守られていますか?

| コメント(0)

IHSSIHSSの模式図です。心室中隔の一部が出っ張っています独のガイドラインはないのですが、IHSSを含めた肥大型心筋症のガイドラインは以下のものがあります。

循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006年度合同研究班報告)
肥大型心筋症の診療に関するガイドライン(2007年改訂版)によりますと、

肥大型心筋症の外科治療の適応はつぎのとおりです。

 
■Class Ⅰ手技,治療が有効,有用であるというエビデンスがあるか,あるいは見解が広く一致している

1.NYHA Ⅲ度以上の症状を有し,薬剤抵抗性で,安
静時に50mmHg以上の左室流出路圧較差を認めるHOCM

2.意識消失発作から回復し,安静時ないし薬物負荷時に50mmHg以上の左室流出路圧較差を認め,薬物抵抗性のHOCM

■Class ⅡクラスⅡ:手技,治療が有効,有用であるというエビデンスがあるか,あるいは見解が広く一致していない

1.心症状は軽度ないし認めないが,薬剤抵抗性の,安静時に50mmHg以上の左室流出路圧較差を認めるHOCM

■Class Ⅲ クラスⅢ:手技,治療が有効,有用でなく,時に有害であるとのエビデンスがあるか,あるいはそのような否定的見解が広く一致している

1.無症状ないし薬物療法にてコントロール可能なHOCM

2.症状はあるが運動あるいは薬物負荷試験にても左
室流出路圧較差のない肥大型心筋症

 このガイドラインから、

薬が効かず、失神発作や心不全などの強い症状があるIHSSでは

心臓手術を検討するのが安全上勧められると言えましょう。

実際、ガイドラインを無視した治療で大きな合併症を引き起こしたケースの報告があります。

私たちの経験ではMICS(ミックス手術)に準じた比較的小さい創で、モロー手術によってIHSSはほぼ確実に治せますし、ペースメーカーが必要となったケースは経験していません。

Heart_dRR
心臓手術のお問い合わせはこちらへどうぞ

pen

患者さんからのお便りのページへ

 

IHSS(大動脈弁下狭窄症)のページにもどる



コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、masashikomedaが2011年6月11日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心臓外科医のブログ: 第2回名古屋ハートフォーラムのご報告と御礼」です。

次のブログ記事は「東海循環器病診連携フォーラム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。